Blog/2011-02-25

Top / Blog / 2011-02-25

Tag: チューニング・フォーク

ひらめきが欲しい時におすすめなもの



こんにちわーーん♪ おがわです♪



今日は、
先日入荷いたしました、

『米国製ハンドメイドブレインチューナーセット5本入』

画像の説明

音のサンプルを撮りました♪


この『米国製ハンドメイドブレインチューナーセット5本入』は、

FUND(基本の音)=256Hz

BETA(ベータ波)=271Hz

ALPHA(アルファ波)=267Hz

THETA(シータ波)=262Hz

DELTA(デルタ波)=259Hz

の5本となっています。


各脳波は、

・ベータ波=14~30Hz(集中している時、意識的な時)

・アルファ波=8~13Hz(リラックスしている時、ひらめきなどが起こりやすい時)

・シータ波=4~7Hz(瞑想している時、夢を見ている時)

・デルタ波=1~3Hz(深く眠っている時)

となります。

瞑想をする時に、
アルファ波を鳴らし、その次にシータ波を鳴らすことで、
よりリラックスして深い瞑想状態になりやすいと思います。

雑念がなかなかとれず、心が静かな状態になりにくい時など、
特に活躍してくれると思います。


使い方は、

片方の耳に、「FUND」(基本の音)と書いてある音叉を片耳に当てて、

もう片方の耳に目的の脳波の音叉を当てます。

画像の説明



この5本セットはそれぞれ少しずつ周波数がズレています。

そのズレが2本一緒に鳴らすことで唸りとなって、

3番目の音(バイノーラル・ビート)が生まれます。

「ウワァ~ン、ウワァ~ン」と繰り返し唸る音が聞こえます。

その唸りの音が、それぞれの脳波に対応しています。


動画をご覧いただくとおわかりになると思いますが、

・ベータ波=14~30Hz(集中している時、意識的な時)
  ↓
・アルファ波=8~13Hz(リラックスしている時、ひらめきなどが起こりやすい時)
  ↓
・シータ波=4~7Hz(瞑想している時、夢を見ている時)
  ↓
・デルタ波=1~3Hz(深く眠っている時)

の順で唸りがゆっくりになります。


FUND(基本の音)とBETA(ベータ波)を同時に鳴らすことで、
256Hzと271Hzの差、15Hzの唸りとなって聴くことができます。

同様に、FUND(基本の音)とALPHA(アルファ波)で11Hzの唸り、

THETA(シータ波)で6Hz、DELTA(デルタ波)で3Hzの唸り
(バイノーラル・ビート)を聴くことができます。

このように左右の耳で、差のある周波数の音を聴くことで、
脳波が、そのバイノーラル・ビート(両耳性唸り)
と同じ周波数になっていくと言われています。

例えば、FUND(基本の音)256HzとTHETA(シータ波)262Hzを、
左右の耳で別々に聴くことで、6Hzのバイノーラル・ビートが生まれ、
脳波がシータ波(瞑想状態)に導かれていく、ということです。

人間は、約20Hzより低い音を聴くことができませんので、
音叉を2本同時に鳴らし、その音の唸りを利用することで、
脳波に対応した音を聴くことができます。



私の感想ですが、

この
「ウワァ~ン、ウワァ~ン」という音を聴くと・・・

どうしても・・・

UFOが飛んでくるイメージの音で・・・

ついつい・・・

『ワレワレハ・・・・』と言いたくなってしまいます(* ̄Oノ ̄*)

今、書いている途中ですが、
時間をとって、
「アルファ波」と「シータ波」の音を聴いてみました。

・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・

5分ぐらい耳元で鳴らしてみました。

頭の中がとてもスッキリしている感じで、
頭の周りのオーラがキレイになった感じがします。

頭の中が整理されたようにも感じます。
スッキリしているので、瞑想がしやすいです。

いつも瞑想をする時に、
すぐに瞑想状態になれる時となれない時がありますので、
「アルファ波」と「シータ波」を使うことで、
安定した瞑想状態をつくれそうです。

そして、
アルファ波=8~13Hz(リラックスしている時、ひらめきなどが起こりやすい時)
と言われていますので、
「アルファ波」のチューニング・フォークを鳴らし、
聴くことででなにかひらめくことがあるかやってみました。

すると、

以前から考えていたことが浮かびました。

チューニングフォークを使うようになって思ったことがあります。


人間の体には、オーラ、チャクラなどあり、
肉体もあります。
チューニング・フォークは、チャクラ、肉体の周波数に合わせたものがあります。

周波数があるということは、
お母さんのお腹の中で赤ちゃんが育っていくときに、
臓器が作られる時に、その周波数が基準になって、
作られるのかも・・・
と思ったことがありました。

赤ちゃんが育つ時、
元になる設計図は周波数で管理されていて、
それを手伝う天使がいるんじゃない・・・
なんてとても根拠のないことですが、
こんなことを思ってしまいました。

病気になった場所は、周波数がちょっと狂っていたりするのかな??
なんてことも考えたり・・・

人の考えることにも周波数があり、
平和のことを考えると平和の周波数が自分から出て、
同じように平和を考えている周波数同士が、つながるのでは?
と思いました。

否定的なことを考えていると、
他人の否定的エネルギーを自分の方に引き寄せてしまうと
サネヤ・ロウマンさんの本で読み、
これも否定的なことを考えると否定的な周波数がでて、
他の人の否定的な周波数とつながるので、
そうなってしまうのでは?
なんて考えました。



ラジオの電波も見えませんが、
聴きたいラジオ局の周波数に合わせると、聴けます。
ですので、
人もなんらかの周波数をいつも出していて、
平和の周波数、否定的な周波数、愛の周波数などなど・・・
ラジオの電波のように、自分放送局を運営しているのだと思うんです。

常に平和や愛、調和といった周波数をだせればいいのですが、
いろいろな出来事によって、
ネガティブになったり、怒ったり、ストレスを感じたりします。

それを調節するのに、
チューニング・フォークが役に立つのではないかと思っています。
もし自分に合わない、不必要な周波数を自分が発信していたら、
チューニング・フォークを鳴らして共鳴作用を利用して、
ニュートラルな状態の自分になれるのではないかと思います。

画像の説明


サネヤ・ロウマンさんの本
『パーソナル・パワー』より抜粋です♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

たとえば、ある部屋に入って、
自分が腹を立てている人のことを考えていたり、
何か他の考えにふけっているとします。
そのとき、あなたは現在という時間に生きていないし、
まわりのことなど気にもとめていません。
しかし、思考に伴う感情は、まわりの人たちから同じような感情を引き寄せます。
だからレストランに入った時、自分が前にやったことに関して気分がめいっていたら、
すぐに気分はもっと悪くなるはずです。
というのは、あなたはまさに受信装置のようなものなので、
その部屋にいる人たちのなかで同じ感情のエネルギーを抱いている人たち全員と
結びついてしまうからです。
あなたは、確実にはっきりとそのエネルギーを自分の方へ引き寄せます。

反対にもし望むなら、バスであれ、レストランであれ、どこであれ、
そこにある集団エネルギーを活用して、高い次元の思考や感情に到達することができます。
それには、どこかに入るとき、素晴らしいことを考えるようにすることです。
そうすると、
まわりの人たちの素晴らしい感情と結びつくようになり、
ますます気分がよくなります。
そのうえ、あなたのおかげで他の人々もますますよい気分になるのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



このようなことが、やはり起こっているんですね。

自分の思考や感情に責任を持つことは、大切だと感じます♪



そのためにも、常に自分は今何を考えているのか?
何を感じているのかを意識し、

自分の中をキレイにすることを心がけるといいと感じています♪

画像の説明


今日も読んでくださりありがとうございます♪

画像の説明


○●○●○今日のおすすめ○●○●○

『米国製ハンドメイドブレインチューナーセット5本入』

画像の説明


コメント